裁断師

  • 2016.06.21 Tuesday
  • 23:36

職人さんに

「イトさんが裁断したら縫いやすい」

といってもらいました。わーい

 

布物は生地の裁断次第で決まります。

裁断師さんという職人さんがいらっしゃるくらい。

工房 絲(su)には裁断師さんはいません。

一人の作家が1個を完成させて「作品」となる。

という理念があるからです。

偉そうなこと言ってますけど、

これは職人作家さんからの申し出なんですよねー。

「裁断したら縫いたいわ!」

そりゃそうだ◎

 

でもたまに人の裁断したものを縫ってもらうんです。

失敗品のお直しを他の職人さんに頼んでみたり。

そしたらやりやすい、やりにくい、

完成がきれい、きれいでない、の原因はどこか、

慣れた手順を客観的に見ることができるんですよね。

そしたら自分で作る時、気をつけるんです。

そして技術が上がります。

サラリとイケズですみません。ちゅん (*イケズ=意地悪の京言葉)

 

今日は職人さんたちと「福袋」の打ち合わせをしました。

まだこれから夏だけどー。

今年も琵琶湖のハスを見に行きたいなー。

きっと去年とは違う撮り方をするんだろうな。

 

工房 絲(su) http://atelie-suh.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.05.23 Wednesday
  • 23:36
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    selected entries

    archives

    recent comment

    profile

    Books&Cameras


    ご紹介ありがとうございます。











    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM