スポンサーサイト

  • 2018.02.20 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    冥界への扉は常に開かれている

    • 2016.07.04 Monday
    • 16:49

    先日、六堂さんと呼んでいる六堂の辻、

    いわゆる、あの世とこの世の境目に行ってきました。

     

    詳細はこちら

    http://www.rokudou.jp/legend/

     

    で撮った1枚がボケボケってゆーねw

    おかしいなー、もしかして。。。ちゅん

     

     

    えんまさんもいらして、

    無数の水子地蔵さんもいらして、

    奥に進みますと、冥界へ通じるという井戸がございました。

    なんとも、美しい景色に見とれてしまいました。

     

    そこを抜けるとあの世。

    今立っているのはこの世。

     

     

    「うん。」

     

     

    これが感想。

    いや、どんな感じがするのかなーって、

    じっくり行ってみたかったんです。

    実際に感覚を研ぎ澄まして行ってみたんですが、、、

     

    あの世、すなわちこの井戸がつながっているとする冥界を、

    「死後の世界」=「死」とするならば、

    この井戸でなくても常につながっているわけで、

    一瞬、一瞬、常に自ら選択して、生きているというわけです。

     

    そう、なんとなく「生きている」ことを、

    強く意識することができるのが、この辻の意義なのかな。

    そんなふうに感じました。

     

    お風呂に入って「はぇ〜極楽〜♪」

    お布団に入って「ファー天国〜♪」

    そういうことなんだろうなきっと。。。

    明日も楽しく生きよう。

     

    アニマルオブジェが入荷しました。

    ご注文をお待ちしてます。

    *ついでみたいに書いてすいません笑

     

    工房 絲(su) http://atelie-suh.com

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2018.02.20 Tuesday
    • 16:49
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      recent comment

      profile

      Books&Cameras


      ご紹介ありがとうございます。











      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << November 2018 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM